ご相談・お申し込みご相談
お申し込み
menu
  • トピックス
  • 太陽光発電

太陽光パネルの選び方と正しく理解しておきたい変換効率・kW単価

再生可能エネルギーに注目している多くの方から選ばれているのが、太陽光パネルを活用した太陽光発電です。ただ、いろいろ調べてみたところ、変換効率やkW単価など専門的な知識がよくわからず、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、太陽光発電導入にあたり太陽光パネルを購入したい方のために、おさえておきたい知識をご紹介します。

変換効率や、kW単価について十分理解したうえで太陽光発電の導入について検討したい方はぜひチェックしてみてください。また、どの太陽光パネルが良いのかわからない方のために、選び方のポイントについても解説します。

太陽光パネルの購入にあたり、失敗を避けるための知識を学ぶのに役立ててください。

太陽光パネルの変換効率

太陽光パネルは、太陽熱を受けて、電気エネルギーに変換するためのものです。ここで重要になってくる「変換効率」からおさえておきましょう。

太陽光パネルによって、どの程度太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換できるのかが異なり、これを変換効率として表しています。例えば、限られたスペースでできるだけ多くの電気を作りたいと考えている方もいるはずです。その場合、変換効率を重視して太陽光パネルの設置について考えると良いでしょう。

太陽光発電の変換効率は「モジュール変換効率」と「セル変換効率」の2種類を指標として使い分けています。それぞれどのような違いがあるのか概要をご紹介しましょう。

モジュール変換効率

モジュール変換効率とは、パネル1平方メートルあたりの発電効率のことです。一般的に太陽光パネルの発電能力を表す際には、このモジュール変換効率が用いられています。そのため、太陽光パネルを比較する際などにはモジュール変換効率を参考にすることが多いです。モジュール変換効率は、以下の式で計算できます。

【モジュール変換効率=(モジュール公称最大出力(W)×100)÷(モジュール面積(㎡)×1,000(W/㎡))】

計算式は簡単です。気になる製品がある場合は、モジュール変換効率から確認してみましょう。

セル変換効率

太陽電池モジュールは、複数のセルを一枚のパネルに組み立てることによって成り立っています。そのセル自体の変換効率を示したのが、セル変換効率です。セルの発電効率は、以下の式で計算できます。

【セル変換効率=出力電気エネルギー÷太陽光エネルギー×100】

基本的にセル変換効率は、モジュール変換効率よりも高い数字が出ます。これは、モジュール変換効率のほうはセルをつなげることにより電気抵抗の影響を受けてしまうからです。

そのため、比較をする際にはモジュール変換効率とセル変換効率と混ぜて考えないようにしましょう。変換効率が非常に高い太陽光パネルを見つけたものの、その商品だけセル変換効率が記載されていたなどのケースも考えられます。モジュール変換効率とセル変換効率についてよく理解し、比較することが重要です。

太陽光発電システムのkW単価

太陽光発電におけるkW単価とは、太陽光発電1kWあたりの価格を指します。つまり、1kW発電するのに必要な費用です。kW単価が安い業者を選択すれば、お得に太陽光発電を導入できます。kW単価の計算式は以下の通りです。

【kW単価=設置費用総額÷パネルの発電量(kW数)】

例えば、設置費用総額が140万円、太陽光パネルの発電量が4kWの場合、太陽光kw単価は35万円となります。

例えば、以下2つのシステムを検討しているとしましょう。

システム比較の一例

上記の場合、設置費用総額が安く済むB社のほうが一見お得に見えるかもしれません。ですが、kW単価を計算してみると、A社は35.5万円/kW、B社は40万円/kWであるため、A社のほうがお得になります。このようにkW単価を理解することにより、システムを比較する際にどちらがお得か判断することが可能です。

比較する際に注意しなければならないのが、設置費用総額にどこまで含まれているかです。一般的に設置費用総額には、工事代や諸経費が含まれています。しかし、業者の中には工事代や諸経費を含めることなく別料金にし、見せかけの価格を安くしているケースがあるのです。

さらに、できる限りコストを削減するため、メーカーが指定しているものとは異なる材料を使い、安く見せているケースもあります。

他社に比べてあまりにも価格が安い場合は、何らかの原因が隠れている可能性を検討しましょう。1社のみに見積もりをお願いすると他社よりも安過ぎることに気づけない可能性があるので、複数社に見積もりを行うのが基本です。太陽光発電1kWあたりの価格であるkW単価を確認しながら導入するシステムについて検討してみてください。

太陽光パネルの選び方

導入する太陽光パネルをどのメーカーのものにするかについては、慎重に検討が必要です。選び方のポイントについてご紹介します。

ポイント1 kW単価を中心に考える

太陽光パネルの選び方として、特に注目したいのがkW単価です。各メーカーの太陽光パネルについてkW単価を比較してみると、どのパネルが安くて優秀なのかが見えてきます。

理想的なのはkW単価と価格が低く、発電量が多いパネルです。注意点として、設置容量が大きいほどkW単価は安くなります。そのため、比較の際には何kWを基準に計算した金額なのか確認しましょう。

まずはkW単価に注目して気になる太陽光パネルを選んでみてください。

ポイント2 変換効率を確認する

基本的にkW単価から考えることになるのですが、中にはkW単価がわからないようなケースがあります。この場合は、前述したパネルの変換効率を確認して検討しましょう。

基本的にkW単価がわからない場合に参考にするのが変換効率です。

見積もりなども確認したうえでお得な太陽光パネルを選びましょう。

ポイント3 信頼できるメーカーか

太陽光パネルは高額な買いものになるため、信頼できるメーカーの製品を選択したほうが良いです。とにかくkW単価にこだわって選んだとしましょう。ですが、例えば、何かあった時に全くサポートが受けられなかったり、すぐに壊れてしまったりするようでは困ります。

例えば、そのメーカーの企業規模や太陽光パネルにおける販売実績、保証期間などが大きな判断ポイントになります。

信頼できるメーカーを選んでおいたほうが安心できるので、よく比較してみてください。

ポイント4 製造国ごとの特徴を知る

太陽光パネルはどの国の製品を選択するのかによって特徴が異なります。日本製のものは信頼できると考えて日本製にこだわる方もいるでしょう。ですが、太陽光パネルの出荷量においては、中国が上位を占めています。太陽光発電における先進国が中国であり、格安でありながら高効率なものも多いです。そのため、中国製はだめ、日本製は良いと決め付けないようにしましょう。

製造国ごとの特徴についてですが、日本製のものは、発電効率だけでなく、品質性能、防水性能どれをとっても優れています。また、故障など何かトラブルがあった際、すぐに問い合わせが可能であるため、万が一に備えたいと考えている方から人気です。

ただ、費用が高いのがデメリットだといえるでしょう。費用よりも安心感など重視したいと考えている方であれば、日本製の製品について検討してみてはいかがでしょうか。

一方、安価でありながら高性能な製品を多く開発しているのが、中国です。特に発電効率は日本のものに比べて大幅に効果的なものが存在します。総合的にみて優れていますが、どのような補償、サポートが用意されているのかなどについてはよく確認したうえで検討しましょう。

最後に欧米製の製品についてです。欧米製の太陽光パネルは、発電効率や品質性能、防水性能など、どれも優れています。ただ、日本ではそれほど流通しておらず、価格も高価です。

このように多くの選択肢があります。日本製のもののみにこだわってしまうと選択肢も少なくなってしまうので、総合的に判断すると良いでしょう。

ポイント5 パネルの品質に注目する

できるだけ品質が高い太陽光パネルを選ぶのが理想的です。例えば、重量に注目してみましょう。当然ながら重量のある太陽光パネルはそれだけ屋根や建物に負担をかける形となってしまいます。耐震性に悪影響をもたらしてしまう可能性もあるので、軽量化されている太陽光パネルを検討してみると良いでしょう。

地域に合った特徴を持つ太陽光パネルを選択することも重要です。例えば、たくさん雪が降る地域の建物に設置する太陽光パネルであれば、積雪対策が施されているものを選ぶようにしましょう。同じく塩害のリスクがある地域では塩害対策が施されているものを選んでおいたほうが安心です。

多くのメーカーでは、気候別に商品を展開することにより最適な商品を選べるようになっています。よく相談しながら決めましょう。

慎重に比較して選ぶことが重要

いかがでしたか?太陽光パネルを購入する際におさえておきたい変換効率や、kW単価についてご理解いただけたのではないでしょうか。太陽光パネルは高価であるため、購入後に気軽に買い替えはできません。慎重に比較しながら選びましょう。

また、太陽光パネルについて考えるのと同時に、現在契約している電力会社が本当に最適なのかを確認してみることもおすすめします。新電力に切り替えたほうがよりお得に売電できるケースもありますし、最適なプランに切り替えることにより電気代を抑えることが可能です。ぜひチェックしてみてください。

電気代を安くしたい・電力を切り替えたい方は愛知電力へ是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラ

お知らせ & トピックス一覧へ戻る

各サービスへの
ご相談・お申し込みContact us

お客様サポート

お電話でお問い合せ

お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください

0586-85-8687 受付時間9:00~17:00
(土・日・祝日および弊社休業日を除く)
メールでお問い合せ

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ
よくあるご質問

ご契約などに関する
よくある質問はこちら

よくあるご質問