ご相談・お申し込みご相談
お申し込み
menu
  • トピックス
  • 電気

新電力とは?特徴や仕組みを分かりやすく紹介!

「新電力はお得って聞いたけどそもそも新電力って何?」と疑問を抱いていませんか。耳慣れない言葉なので、電気代がお得になると聞いても飛びつけませんよね。このページでは、新電力の概要と仕組みを解説しています。以下の情報を参考にすれば、安心して利用できることがわかるはずです。新電力が気になる方は、参考にしてください。

新電力とは?

新電力は、電力の小売り全面自由化が実現してから参入した、電気を販売する事業者を指します。全面自由化が実現したのは、2016年4月1日です。2016年3月31日以前は、大手電力会社10社しか一般家庭などに向けた低圧といわれる電力を販売できませんでした。制度改正により、新たに電力の販売を始めた事業者を新電力というのです。新電力に分類される事業者は、大きく以下の種類に分けられます。

【新電力に分類される事業者の種類】

エネルギー関連事業者:ガス・石油などエネルギー関連の事業を行っている事業者
クリーンエネルギー関連事業者:太陽光発電などを行っている事業者
通信関連事業者:携帯電話など通信関連の事業を行っている事業者
その他の事業者:上記3種類以外の事業を行っている事業者

幅広い事業者が電力の販売に参入しています。

新電力の仕組みを知る

発電所で作られた電力は、送電線・変電所・配電線を経て消費者に届けられています。以上の流れを供給システムで見ると次のようになります。

【電力の供給システム】

発電部門:火力発電・原子力発電などの発電所
送配電部門:送配電線・変電所で構成される送配電ネットワーク
小売部門:消費者に電気を販売する事業者

電力の小売り全面自由化により新電力の参入が認められたのは小売部門です。発電部門はすでに自由化されていました。送配電部門は現在でも政府が許可した事業者しか参入できません。したがって新電力から電力を購入しても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電力は供給されます。つまり、どの事業者から電力を購入しても品質は変わりません。価格面に強みがある新電力は、魅力的な選択肢になる可能性があるといえるでしょう。

新電力は検討したい選択肢

電力の小売り全面自由化以降に電力販売に参入した事業者を新電力といいます。エネルギー関連事業者、クリーンエネルギー関連事業者、通信関連事業者などが参入しています。新しい制度であるため利用を躊躇しがちですが、送配電ネットワークはこれまでと同じであるため品質に差はありません。新電力にメリットを感じる方は、積極的に検討を進めるとよいでしょう。

愛知電力は、地球環境に配慮した再生エネルギーを利用し発電しています。

電気代を安くしたい・電力を切り替えたい方は愛知電力へ是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラ

お知らせ & トピックス一覧へ戻る

各サービスへの
ご相談・お申し込みContact us

お客様サポート

お電話でお問い合せ

お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください

0586-85-8687 受付時間9:00~17:00
(土・日・祝日および弊社休業日を除く)
メールでお問い合せ

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ
よくあるご質問

ご契約などに関する
よくある質問はこちら

よくあるご質問